So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成
日本料理と和食と居酒屋 ブログトップ
前の5件 | -

アメリカで食材を現地調達してお好み焼きを作ったら [日本料理と和食と居酒屋]

昔アメリカにステイしたとき、雛祭りの時期だったのね
んで
「日本じゃ雛祭りって女の子の祝日があって、人形飾ってこういうのを食べるんだ」
と、日本から持ってった雛あられ(米のポン菓子・色つき)を
みんなにもお裾分け

ステイ先の女の子(小学生)はえらい喜んで
「これ明日のランチにする!!」
って、ほんとにタッパに積めて学校に持ってった

お母さんもにこにこしてそれだけ持たせてた

米国の食生活はわからん


>>
あちらのお子様の目には、シリアルの一種だと思えたのかも。

>>
チョコクリスピーがあるなら、雛(ヒナ)クリスピーもアリかな?
パッケージはお雛様で。



ああ、シリアルと思えば食事といえないことも……ない?

ついでにもひとつ
その家で私がなにか日本食を披露するべという話になった

そのへんで手に入りそうなもので……と考えてお好み焼きに決定

しかしスーパーの豚肉は塊しかなく、スライスというよりぶつ切り
それとキャベツを水でといた小麦粉と一緒に焼いただけ

鰹節や青海苔なんぞ入手できるはずもなく
濃口ソースすらないので普通のさらっとしたソースをつけて
なんとも申し訳無いお好み焼き(と言っていいのかわからない物体)
ができあがった

でも、お母さんは
「美味しい!私これ好きだわ!」とにこにこして食べてました
見た感じ、お世辞というよりマジっぽかったです

米人の味覚わかんねーと思いつつ
まがい物のお好み焼きを教えてしまってごめんなさい

>>
むしろそれで正解だったのかも。
鰹節や青海苔は苦手らしいよ。
特に熱でうにうに動く鰹節が虫っぽく見えて駄目らしい。(マジ)

>>
まぁ、現地で手軽に手に入るもんだけで作るってのは一つの見識だろうな
思い出して作ってみようと思うだろうし

>>
ウスターソースとケチャップを混ぜ合わせると、
お好み焼きソースぽくなるよ!




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

牛丼屋のバイトで忙しい時間に白人男性が来店し、ひとこと [日本料理と和食と居酒屋]

昔、牛丼チェーン店でバイトしていた。

ある日の昼時に20代前半くらいの白人男性が一人で来店。
頬が赤かったが、キャップをかぶったなかなかのイケメンだったと思う。

彼はカウンターに座り、注文した牛丼セットを黙々と食べていた。

その日の昼はとても忙しく、客席も満席状態だった。
私はすごい速さで動き、顔を赤くしながらてんてこ舞いで働いていた。

そんな私を見ていてくれたのか、
彼がレジで会計の時「イソガシカッタネー」と声をかけてくれた。

彼の笑顔とカタコトっぽい発音にとても和んだ(´∀`*)

>>
その一言を聞いて破顔した、若人のいい顔が見えたよ…。

>>
「イソガシカッタネー」

「ヤッチマイナー!」

「シンジラレヘン…」

「モッタイナーイ!」

>>
「ヤッチマイナー!」
それはルーシー=リュー!

「シンジラレヘン…」
それはリンダ=ハミルトン!

「モッタイナーイ!」
それはワンガリ=マータイさん?


>>
昨日のことなんだけど、
コートに鎖がついた派手なコートを着た外国人のにーさん?
が、吉野家に入ろうとしていた。
(ココが日本びいきってことで)

店舗の左右に自動ドアがあるのだが、熱?感知式ではなく、
ドアに触れると(ドアノブがあるような位置)開く仕組みだった。

熱感知式だと思っていたそのにーさんは、
左のドアが開かないと右に移り、右のドアも開かなかったので、また左に移ってきた。

ちょうどそこに通りかかったので、ドアに触れて開けてあげた。

笑顔でお礼言われて、こちらが逆に照れちゃったんだけど、
吉野家にも入るのかぁ~へぇ~とちょと意外だった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

コンビニ常連外国人が、オニギリ!オムスビ!と叫び [日本料理と和食と居酒屋]

コンビニでバイトしてた時の事なんだけど、
どの外人さんも
「ありがとうございました~」に
同じように
「アリガットゴザマシター」って返してくれるのは何故だ。

和むじゃないか。


買うもの見てると面白い。

毎朝必ずあんぱんと牛乳を買って行く人どこかの欧米人とか、

「イクラのオジ・・・オニグリありませんか」と聞く(多分)ロシア人とか、

カレーを買って行くインド人とか。

お前ら日本に馴染みすぎかww


>>
おにぐり萌へ~

さっきコンビニに飯買いに行ったら
ラテン系っぽい顔立ちの外国人2人がいて、オニギリの棚の前で
オニジリオニジリ言ってた。

つい気になって「No、オニギリ!」と口を出してしまったら
「Oh! オニギリ? Not オニジリ?」と驚いていたので、そうオニギリだ、

そしてa.k.a.オムスビだと言うと
「オニギリ! Oh~!! オムスビ! オムスビ! Yeah!! Thank you!!」
と二人に大喜びで感謝され、
一人はポケットからチョコを2つ出して俺にくれた。

そしてオニギリ!オムスビ!と二人で叫びながらレジで会計を済ませて街に消えていった。

今、もらったチョコ食べてみたらクソ甘くてどうしようかと思った。
外国の菓子はなんでも大味すぎ。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

激太り留学生が日本の食生活で痩せた結果、修羅場に! [日本料理と和食と居酒屋]

数年前の話なんだが、アメリカからの留学生をホームステイさせてたのよ。
女の子だったんだが、それはもう見事なピザでした。

向こうの人の太り方って、なんていうか日本人とは違う感じの
太り方だなってのを初めて実感したね。


でそのピザ、名前はあまり聞かない名前だったので仮名でアンにでもしますが
最初の頃はマクドナルドばっかり食ってたんだ。

そいつはいかんと我が家の台所を預かる、優秀な弟が頑張ってピザを餌付け…
もとい日本でのよくある食事に慣れさせていった。


規則正しい生活と、正しいバランスの食生活っていうのは
身体に変な力でも付けさせるんですかね?

ピザが見る見る痩せていくんですよ。

半年ぐらいで持ってきた服は全てサイズが完全に合わなくて、
大きすぎて着られないレベルに。

ピザも自分の身体の変化にビックリですよ。

でピザ、もうピザじゃないけどピザでいいや。

このピザは何を思ったのか生まれ変わった私を見て、という事で
写真を両親にメールで送ったらしいんだわ。

これがそもそも間違いだった。


ピザがメール送ってから三日後ぐらいだったかな?

家の玄関が騒がしい、というかドアがゴンゴンと叩かれてる!

驚いて外に出てみると、いました!
顔を真っ赤にしたピザママが。

あまりにも早口だったので殆ど聞き取れなかったんだけど
「よくも私の可愛い娘を虐待してくれたな!」
とかなんとか言ってるのは聞き取れた。

そこへピザ登場、久しぶりに母親の顔を見て感激したのか
ママと叫びながら抱きつく、結果ますます勘違いするピザママ!


そこから修羅場ですよ修羅場。

「ちゃんとご飯食べさせていないのか!」とかなんとか。

ピザママは、ピザから「虐待なんかされていない」と説明されても
なかなか信じなかったりしてて、

どうにかこうにか
日本食を規則正しく食べていたらヘルシーになったことを話し続けて
なんとか落ち着いた。

信じたら信じたで、我が家の弟に
「アメリカで料理の本を出版してみないか」と
3時間にわたって交渉したりと、そりゃもう大変でした。


数日我が家でピザママが過ごした後に、去り際に彼女が親指立てながら
「日本料理って偉大ね!」って言いながら帰っていった時は和みかけたが、

それよりも、泣きじゃくるピザを慰めるのに大変でした。

数年後に、ピザママが日本料理店を経営しだしたという連絡を
ピザから貰い、その時になって初めて和んだ。


>>
結局、アンって名前はどうなったんだw

仮名付けたのに、ピザじゃねーかwww




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

豆腐サラダが食べたいブラジル人、スーパーで [日本料理と和食と居酒屋]

うちの近くのスーパーはブラジルの人が良くいる。
近くに外国人居住区みたいなのもあるしね。

で、そのスーパーでの会話。

金髪のニイちゃん
「サラダ ノ トーフ ドレ。コレ ナマ OK?」

店員さん
「はい、豆腐は全部、大丈夫ですよ」

金髪のニイちゃん
「サラダ ノ トーフ ドレ。コレナマ OK?」

店員さん 
「ええ、ですから大丈夫です」

金髪のニイちゃん「生、OK」 

店員さん 「大丈夫ですって」

めっちゃ、和んだ。

>>
「大丈夫」が早口で聞き取れなかったのかもしれない。
大丈夫・かしこまりました、なんかは早口になりがちだしねー

>>
そもそも日本語の
「大丈夫」がわからんかったんじゃないだろーか?

>>
それだけカタコトなんだし、OKかって聞いてるんだから
「OK!」って答えてあげれば済んだんじゃない




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | - 日本料理と和食と居酒屋 ブログトップ
スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。