So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

地震の影響でJリーグサッカー界にも問題が [日本の地震と外国人]

東日本大震災で日本のスポーツ界が頭を痛めたことに、
外国人選手や監督緊急帰国問題があった。

サッカー日本代表のザッケローニ監督も
「家族を安心させたい」と急ぎ母国に向かった。

しかしなかには、帰国を促すクラブのスタッフに
「逃げるなら日本人と逃げる」と、とどまった外国人監督もいる。

今期からユース世代ではJリーグ初の外国人監督として就任した
鹿島アントラーズのキッカがその人だ。

現役引退の後、元日本代表監督。
ジーコのサッカースクールで指導者としてスタートし、
ジーコの後押しでユース監督に就任した。

来日2ヶ月で遭遇した「3・11」。地震そのものも初体験だった。
余震も収まらず、チームは帰国を促したが、断り続けた。

しかしチームは一時解散。

周辺の学校も休校してしまい、仕方なくブラジルに帰国したが、
キッカはすぐに、夫人や2歳の子供とともに
家族全員で鹿島に戻ってきた。

「来日から2ヶ月の私たちのために、水は?食べ物は足りているか?と。
 近所の人によくしていただいた。彼らを放っておくわけにはいかない」

言葉は通じなくても、再来日のきっかけはご近所付き合いと、
その恩に報いるためだった。

「われわれブラジル人には、日本人に世話になり続けてきた歴史がある。
 私は、そのブラジル代表として今回日本に戻ってきた」

>>
キッカの師匠にあたるジーコも5年ぶりに来日した。
家族の反対を押し切っての来日だった。

5日には福島県いわき市のサッカースクールで、
300人の子供たち全員に「ZICO」とサインをした。

その後、
「津波に遭った海がみたい」とお忍びで小名浜港に向かった。

「これからの日本は本当に大変だ」そうポツリとこぼし、涙をこらえた目は、真っ赤だった。

帰国したまま日本に戻ってこなかったブラジル人選手もいる。
だが2人はくしくも同じ言葉をつぶやいた。
「ブラジル人は日本人のことを決して忘れはしない」

こっちだって、そんなブラジル人があることを絶対に忘れない。

>>
この手の和みエピソードでアントラーズの名前を良く見る気がするんだけど
鹿島には外国人を惹き付ける何かがあるのかねえ

>>
鹿島はブラジルの街に似てるとは来た選手も良く言ってる、
東に海を臨むのも一緒だしね。
ジーコやトニーニョ・セレーゾがあれだけ長居するんだから
イイんだろうな。

>>
イイハナシダナー




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。