So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

フィギュアスケートで、日本の観客はライバルにも拍手を送る [日本の秩序と礼儀と親切]

フィギュアスケート関連からレス抜粋。

昨日の米チーム全員のインタビューも素晴らしかった。
アボは「日本 愛してます」と日本語で言ってくれた。

日本の観客は、順位争いかかってても日本のライバル選手でも
隔てなくスタオベするし
日本の選手でも内容良くなければしないし
本当に公平でいいかんじだよね。


優勝した米チームのインタビューで、まあリップサービスもあるんだろうけど
みんな日本の観客の応援がうれしかった、力になったとゆってたし

ベルビン「私は米チームがここ日本で一番になれたのが本当に嬉しい。
     なぜなら日本のフィギュアスケートの観客は世界一すばらしいからです」

アゴスト「とってもすばらしい経験でした。
     みてください、このいっぱいの観客(クラウドっていってた)!
     こんなに沢山の観客の前で滑れて嬉しい。」

こんなかんじだたよ。

>>
競技会なら技術を競うんだから、どこの国の選手だろうとうまかったら褒め、
頑張ったら健闘を讃えるのが当然だと思ってたけど、それは日本的なのか。

>>
良い物を素直に良いと認められるからこそ
その良い所を積極的に取り込んでいくことが出来るんだよねぇ。
これは「優れている」という事が「正義」ではなく「美徳」なんだからだと思う。

正義だとすると
「優れているものが正しく、優れていないものは正しくない」
といった二元論の世界になっちゃう。

ちょっと最近こういう発想の人が多いよな…

美徳なら
「優れているものは素晴らしく、優れていないものは 優れたものに変ればよい」

例えるなら行列における前の方に居る人と後ろの方に居る人の
違いみたいなもんかな?

後ろから見たら前に居る人は非常に羨ましいけど、
「相手が正しい」とか「自分が間違ってる」って発想にはならないよな?w

時間をかければ(努力や工夫とかの比喩な)
自分もその位置に至るわけで、

その時に前に居た相手はもっと前に居るのかもしれないけど、
「自分が前に進んだこと」を評価できるし、
「さらに前に進むこと」に意欲的になれるわけだ。

>>
そうはいっても一部残念な応援をするヒトもいるんだよね…
レイシストってこれか?という良い?見本みたいな

これからああいうのが増殖しないように、自省自浄していかないと

>>
本文内にあるようなスポーツマンシップが多少なりと世界に有ったなら、
バレーボール世界大会も海外で開催出来るでしょうか。

>>
F1日本GPの観客が正にそれだな
弱小チームはおろか裏方のメカニックにまで声援を送るとレース界では評判

普段声援を受けることなんてない新人や弱小チームドライバー、裏方はそれが驚きで感激するんだと。

>>
ジャンルによって全然違うよねえ
バレーや野球は贔屓の選手、贔屓のチームしか見てないもの

相手がどんなに好プレーしても拍手する人は少ないから
恥ずかしくなってしまうよ

>>
普段無愛想な選手も、日本に試合に来ると機嫌がいいってことあるみたいだね。

セナも日本のファンが好きだ、ってよく言ってくれていたな・・・

>>
よくどっかの国の奴らは、日本は差別の国と世界中で風潮して回ってるらしいが。
日本が差別的な国だったら日本以外の国はどうなんだ?
日本より酷い国ばかりじゃないか。

>>
東京オリンピックでは、ぜひこうありたいね。それがホスト国の役目。

>>
セナはブラジル人だったから、欧州のサーキットなんかでは差別的に扱われていた、という話もあったな。

けど、日本人は分け隔てなく親切にしてくれるし、応援してくれる。
そりゃあ、日本のファンが大好きになるでしょうね。

>>
誰だったか忘れたが、日本のマラソン大会で優勝した外国人選手が
「沿道に応援の人がいっぱいいてビックリした!外国人なのに名前を呼んで応援してくれた!」
と言っていたそうだ

日本人はこれからもそうありたいと思う




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。