So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

ドイツ人の家に突撃してこたつとみかんをセットしてきた [ドイツ人と弟君と姉者]

友達のドイツ人の家に突撃してこたつとみかんをセットしてきた
(誕生日)

「日本人の考えてることがよくわからない。日本人の心が知りたい」
とか日頃言っているので、日本色に染めてやる大作戦を敢行中。 

でっかくて厳ついドイツ人がこたつに入ってる姿は結構かわいい。


>>
もうそんな季節か…。

>>
こたつで鍋も良いよね。
そのドイツの人、何か言ってた?


まだそれほど寒くないのでこたつ電気は付けてないんだけど
喜んでた。

こたつについては、

「実に合理的な暖房。
 少ないエネルギーで十分に家族が暖をとれる。
 さらに家族の団欒も出来る。素晴らしい」

というようなお褒めの言葉をいただいた。
なんというドイツ人w

ちなみに今日はみんなでこたつ囲んで鍋パーティーだった。

>>
乙w
ぜひ続報を頼むw


一昨日のこぼれ話があるので一つ。

ドイツ人(A)は実はメカミリオタ。
でも本国ではあまりおおっぴらには言いにくいんだそうだ。

ということでサプライズこたつ設置中に、
日本人メカミリオタ(B)がアキバに連れ出していた。

真面目なAだが(*゚∀゚*)こんな顔で相当はしゃいでいたらしい。
いつも険しい顔してるのにw

WWⅡ時代ドイツもの(つまりナチス)が普通に売ってるのに戸惑いつつ

「ほしい…しかし持って帰れない…」
と散々悩んで日本の戦艦買ったそうだ。

日本の戦艦はカッコイイ!!
特にネーミングがイイ!!んだそうだ。

Bは
「決心がついたら買いに行くのでまた一緒に行ってくれ(´・ω・`)」
と言われたと。


このあと二人は鍋食材を買いに行き、我々は準備班で帰って来たらパーティー。
と見せ掛けてこたつあるよ!!って段取りでした。

やっぱりドイツでナチスマーク入ってるものの所持は危険なのかね。
Aがすごい真面目なのもあると思うけど、そんなお話でした。

>>
ドイツでは資料目的以外でナチスものを所持することが法律で禁止されてる


あ、やっぱそうなんだ。
一つ賢くなった。ありがとう。 

>>
イギリスだとそこらへんは自由なんだけどねぇ。
やっぱ米英流の自由主義と大陸流とはちと距離があるなぁ。

>>
ドイツ人が「日本の戦艦のネーミング最高!」
つってた話、前にもあったよな。

実際、調べてみたら自然現象を名称にした駆逐艦なんて、
うっとりする語感のよさ。

特に「朝霧」「綾波」「白雪」「叢雲」「朧」「曙」ああ…たまらん。
無骨な鉄の塊にこういう詩的な名称をつけちゃうあたり、
日本人だねぇって感じだ。

>>
戦艦が旧国名(例外あり)・重巡洋艦が山岳名・軽巡洋艦が河川名
・一等駆逐艦が天候・気象・二等駆逐艦が植物名
・航空母艦が空に関わる幻獣含む動物から(例外あり)、だっけか。
確かに他国ではあまり例が無いな。

イギリスなんか直訳すると「アブラムシ(砲艦。蟻牧のほう。)」「てんとう虫(砲艦)」
なんてのがたしかあったし…

>>
軍艦にアリマキやてんとう虫っていうのも、それはそれで楽しいな。
「アリマキ全速中央突破!てんとう虫は右翼へ展開!」
とか指揮してたわけだ。w

>>
「ムシムシぴょんぴょん大作戦」というドラえもん映画を思い出した。

>>
こたつとみかん、もう1つ忘れてるよ。
どてら(綿入り袢纏)だよ。

これで背中もぽかぽかでエコだ。

>>
どてらや几帳(きちょう)屏風なんかが有るとより暖かいんだがなw。
座椅子も有るとなおよし。

後炬燵の上には竹篭かなんかに山盛りにした蜜柑だろw。
これらは皆供して評判が良かったものだったりするんだが。


どてら!!探してくるよ。サイズあるかな。

こたつ作戦発案者は僕なんだが、
さっきコンビニ行ったらAにあって、改めてお礼言われた。

そして、なんと実はおじいさんがこたつ持ってるらしい。

なんでも昔から日本贔屓で、
そのこたつも日本人の友達からもらったものらしい。

でもおじいさんは地元では有名な変人wで
「日本の心がわからない奴らは、このこたつには入れてやんねぇ」
と友達はおろかA含む家族達も入れてもらえないんだそうだ。

「金閣寺と心中したい」と口癖のように言ってて日本画が大好き、
今の日本ブームも
「今更なんだ!!俺は昭和の時代からの日本好きだ!」
とお怒りの模様。

Aは「うざいだろ…フランス人なんだ」と言ってた。
フランス人はうざいのか?w

でも結局自分もおじいさんの影響で日本に憧れてやって来てしまったと。
そんなおじいさんは孫が日本に行ったのが悔しくて
自分も来年初詣に来るらしい。

【PR】ドイツロマンチック街道旅行

>>
年が明けてからのじじいレポ激しくキボンヌ!

つか昭和の時代からって、日本の暦で言っちゃうのがまたすごいな。
何か思い出があるのだろうか。

年代からするとそれこそWW2あたりか?
もしよかったらその辺も聞いてくれ。

>>
コタツに入って和むドイツ人は想定内なんだが、
フランス人とくるとなぜか激しく違和感が…

このイメージの差は何なんだろう??
フランス人で、日本びいきで、名の通った変人のジジィ……萌えるな。

>>
フランス人で、日本びいきで、名の通った変人のジジィ

元大統領か?

>>
フランス人で、日本びいきで、名の通った変人のジジィ

思わず「フィンセント・ファン・ゴッホ」が思い浮かんだ…orz


僕も気になったのでAに聞いたら、大統領でも画家でもないってw

GHQが占領してた頃に仕事で何かしにきたらしい。
Aも仕事の話はあんまり聞いたことないそうだ。

いつの間にか日本自慢にシフトしてうざいからw
(俺は日本人にこんなに優しくしてもらった、みたいな)
でも絵は趣味で油絵を描くそうだよ。

で、さっきAはおじいさんとチャットしてたらしい。
A「俺も友達にこたつもらいました。あなたは入れてあげません」

翁「可愛くない孫め!!まだ金閣寺も見てない癖に」
A「友達と冬休みに見に行きます」

翁「ちくしょう初詣行ってやる!!可愛い子紹介しろ」
A「嫌です」
って会話したそうだ。仲良いんじゃないかw

お待ちしてますおじいさん。
では。

>>
お疲れ様でした。それと爺さんワラタw。

>>
ゴッホはオランダ人だろ…

>>
一度入ったら最期
手の届く範囲に全てを引き寄せる悪魔の発明だぞ

何も知らぬ外国人になんて非道な…
と思ったら耐性のある家系だったか

>>
ドイツ人可哀想に
こたつにみかんって○なみに中毒性が強いのに
そこに猫が加われば間違いなくジャンキーになる

>>
弟くんだ!懐かしいなぁ・・・

ドイツ君のお爺さんが来日したら報告する!ってんで
楽しみにしてたのに、ホロン部に変な具合に粘着されて
こなくなってしまったのが今も惜しまれる

>>
いいなぁ、こんなドイツの友達欲しいなぁ。
うらやましいー!

>>
「実に合理的な」って部分がドイツ人らしくて萌える。
ドイツ人って実利主義、合理主義なイメージだけど、実際にそうなのかな?





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。